サイトマップ メール トップページへ
文字サイズ変更 最大文字サイズ 大きい文字サイズ 標準文字サイズ
検索
トップお知らせ防衛省交付金により新たな医療機器を購入しました!
 
2019年1月28日 更新
印刷用ページを開く
防衛省交付金により新たな医療機器を購入しました!
当院では、診療の質の向上を図るため、防衛省交付金等の活用により医療機器の整備を図っていますが、28年度の防衛省交付金事業においては、最新鋭の負荷心電図処理装置、腎盂膀胱ビデオスコープ及び低温プラズマ滅菌器を導入いたしました。
●負荷心電図処理装置
 負荷心電図処理装置とは、運動中及び運動の前後で心電図や血圧等を計測し、安静時では見られない労作時の心電図変化を見る検査装置で、今回導入した装置は県内初導入の最新機種です。
 当該機器は、運動中の心電図波形をより高精細に表示及び監視することができ、さらにより多くの計測項目から検査を行えます。
 また、検査システムとの連携により、自動的にシステムに転記される為、検査中も患者様の動態に、より注視できる様になり、安心・安全な検査が可能となりました。
●腎盂膀胱ビデオスコープ
 腎盂膀胱ビデオスコープは、ハイビジョン出力に対応しており、高解像度、高コントラストな画像で、より精度の高い観察が可能となる内視鏡検査装置です。
 当該機器は、最新の光技術を搭載しており、粘膜表面上の血管と組織をより見えやすくし、粘膜表面異常の早期発見をサポートします。また、挿入部先端形状は、照明レンズを斜めに配置することで、スコープの操作性がさらに向上、体内への挿入がよりスムーズに行えることから、患者様の苦痛軽減に大きく貢献することができます。
●低温プラズマ滅菌器
 低温プラズマ滅菌器は、過酸化水素(H2O2)とそれに高周波エネルギーを組み合わせて低温プラズマ状態を作り出し、微生物の生命機能を破壊し、医療器材の滅菌を行うことのできる装置です。従来の低温滅菌法に比べ、過酸化水素(H2O2)を使用するため、滅菌終了時には水(H2O)と酸素(O2)に分解され、人にも環境にもやさしい低コストの滅菌法です。処理時間は、約54分から長くても約72分ですべてが完了します。そのハイスピードな処理が、作業効率を上げ、医療器材の早期使用が可能となります。

本文終わり
ページのトップへ
お問い合わせはこちら
富士吉田市立病院  管理課
〒403-0005  山梨県富士吉田市上吉田6530
Tel: 0555-22-4111  Fax: 0555-22-6995
E-Mail: byoin@fymh.jp
フッター左画像